「家計簿」つけ方のコツ!まずはここが家計向上のスタート!

今日は家計を良くする基本の「き」とも言われる

「家計簿」をつけるコツについて!(^ω^)

そもそも、家計を良くする上で

まず最初に絶対に必要なのが「状況把握」です

これが出来ていないと…

現在家計が「良い状態」なのか「悪い状態」なのかどうかもよく分からないですしね!

ちなみに

家計簿をつけている人って、日本人の2人に1人くらいだそうです

だから、まだやったことが無い人も全然焦る必要ありません!

そして、この記事を読んで面白そうだと感じていただけたら

今回を機にトライしてみてはいかがでしょうか!?(^ω^)

中途パパ

今日の記事は

「家計簿つけてみたいけど、まずは何をやっていいかよく分からない!」

って人向けです

さてと!

では内容に入っていきましょう!

家計簿をつける意味」「重要点」「私の家計簿」の順番で書いていきます!

家計簿をつける意味

そもそも、なぜ家計簿をつけると家計改善につながるか?

一般論だと…

収支(お金の出入り)を浮き彫りにして、お金を使いすぎているポイントをみつけられる

からです(^ω^)

しかし!

このブログでは、以下のアレンジを加えます

このブログの家計簿と、家計管理の趣旨

①お金が出る所(支出)を浮き彫りにして、節約をしましょう

②お金が入る所(収入)も「複業」という考え方で、本業+αを作りましょう!

つまり、このブログでは

「出る(支出)」と「入る(収入)」の2つの方向から

家計を良くする術を書いていっているのですね!

だから、そのポイントを知るという意味で「家計簿」めっちゃ大事なんです!

ポイントは

自分の収支を「可視化」する

そこに大きな意味があります(^ω^)

①お金が出る所(支出)を浮き彫りしましょう

まず、自分の支出の癖を知りましょう!

家計簿を使って自分の収支を可視化することで

改善点を素早く見つけることが可能です。


例えば、↓こんな感じですね!


・外食が多い
・携帯電話の料金が増えた
・不必要な保険に入っている
・生活に不必要なものを購入していた
 
外食が多い場合は「月に一度」とか回数を制限できますね!

携帯電話料金が多いのならば、格安スマホに乗り換えればよいですね!

これらを抑えていって、貯金につなげていきましょう(^ω^)

②お金が入る所(収入)も「複業」という考え方で、本業+αを作りましょう!

次にわたしが伝えたいのは「守り」だけではなく、「攻め」です!

家計簿で自分の収支を把握したら支出を節約するだけでなく

必要ならば諦めるのでなく

それを実現させるために積極的に収入を増やしていきましょう

その方法は、このブログのメニューにいろいろとありますので

自分のライフスタイルに合うものを見ていって下さい(^ω^)

初心所の方は「ポイ活」がおススメ!

「ポイ活」スマホで2,3万円/月稼げる副業の「仕組み&始め方」

家計簿を作る上での重要点

 

家計簿のつけ方にはポイントがあります!

ここからは、具体的な家計簿のつけ方を解説します(^ω^)

項目を明確に分ける

まずやることはこちらです!

「項目別に分けて管理」

細かければ細かいほど分析の精度は上がりますが

嫌になってしまっても続かないので、わたしの例を目安にしてみてください
 
・食費
・外食費
・日用品費
・通信費(電話、ネット)
・光熱費
・保険料
・家賃
・教育費

我が家の場合、このくらいで十分に管理できています(^ω^)

…というか、これが限界(笑) 

レシートをとっておく

次に重要なのがこれです!

元となる資料がなくては記録もできませんので

慣れるまで多少めんどくさいかもですが

しっかり保存しておきましょう(^ω^)

 ただし、貯まりすぎると後で記録する時に大変になってしまうので

頻繁に使う食費などは、定期的に小計を出したら

ドンドン捨ててしまいましょう!

記録するタイミングを決めておく

これも続けていく上で重要な点ですね(^ω^)

わたしの場合、半月に一回ですが

例えば1週間に1回など自分のタイミングを決めておくとよいと思います!

ちなみに先ほど説明した「食費は定期に小計をだして、レシートを捨てる」時

わたしは小計を手帳にまとめています♪

日用品や自分のおこづかい記録なんかも

一緒に手帳に記録していますね(^ω^)

改善策を考える

さて、家計簿で支出を把握することができたなら!

次は、いよいよ具体的な改善策を考える段階です!

家計簿を見返して

項目ごとに自分の支出の傾向を書き出すことから始めてみましょう。
 
平均的な各項目の数値もインターネット上にはたくさん出ているので

(例えば、4人家族で光熱費が23,000円など)参考にしています(^ω^)

この時、あくまで平均値なので

必ずしもすべてをその数値にする必要はないと思います

例えば我が家だと、子どものルーとアンは二人ともテニスをやっているので

身体づくりのためにたくさん食べさせなくてはいけません

だから、当然食費は通常の過程よりも上がる訳です

…本当はわたしが料理で節約しているから平均よりだいぶ下ですが(^ω^)

↓わたしの料理節約術の記事です
料理でお金を作り出す仕組み | ルーとアンと時々ミシェルの「家計応援団」

我が家の家計簿

最後に我が家の例を書きたいと思います!

まず、使っているのは単純なエクセルです

(^ω^)エクセルを使う理由は以下です

  • 共働きかつ、口座が複数のため
  • 今回は書きませんが、収入(複業なので)の分析もあるため
  • これも今回は書きませんが、老後までの収支プランも作成しているため

このエクセルの表に妻ミシェルと入力し

毎月入力が終わったら振り返り

余裕があれば旅行などを検討、無ければ他に削れるところはないかなど打ち合わせす(^ω^)

うちもなかなか忙しくて、普段じっくり会話ができないので

二人の人生の方向性をすり合わせる上でも

この時間は貴重になっていますね♪

中途パパ

お金の使い方は人生の優先順位≒価値感にもつながるからね!

 

(1月の例)

分類 項目 中途パパ  ミシェル  合計  
保険 生命共済 16,584 5,585 22,169
  ルー   4,725 4,725
  アン   4,500 4,500
  保険合計 16,584 14,810 31,394
貯金 通常   30,000 30,000
  積立金(子供大学)   40,000 40,000
  貯金合計   70,000 70,000
衣食住費 食費 55,000   55,000
  家族サプリメント 15,000   15,000
  外食   10,000 10,000
  化粧品   10,000 10,000
  衣類(家族全員) 17,493   17,493
  家賃 73,000   73,000
  光熱費 23,500   23,500
  携帯料金、ネット 11,257   11,257
  日用品 6,300   6,300
  交通費 0   0
  合計 201,550 20,000 221,550
教育費 ルー 9,000 25,000 34,000
  アン   29,000 29,000
  合計 9,000 54,000 63,000
交友費 お小遣い(ミシェル)   13,000 13,000
  お小遣い(ルー) 3,000   3,000
  お小遣い(アン) 3,000   3,000
  お小遣い(中途パパ) 13,000   13,000
  合計 19,000 13,000 32,000
毎月支出計   246,134 171,810 417,944

これを見て、お分かりだと思いますが

お金を出すのは私の口座がメイン

貯金は主にミシェルの口座です(^ω^)

そして、教育費は義務教育の費用ではなく

あくまで「習い事」つまりテニスです!

義務教育は予め金額が大体わかるので先に計算しておいています

本日のまとめ

①家計を良くしたいなら「家計簿」は絶対に必須!

②なぜなら、家計の収支が見えてくるからです(^ω^)

③支出の「項目」ごとの自分の「クセを」見つけて抑えてましょ♪

…それぞれの支出の改善策はまた、記事を書いていきたいと思います

それでは!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました!🍵

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村の「オヤジブログ」ランキングに参加中です。

いつも応援クリックありがとうございます(^ω^)♪      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA