こいつは使えるっ!「レミパン」(^ω^)

今日は先日妻ミシェルに頼まれて購入した「レミパン」がめちゃくちゃ有能な道具だと実感したので

誠に勝手ながら「お金を生み出す道具」として認定させていただくとともに

その素晴らしさを思う存分語りたいと思います(^ω^)

中途パパ

レミパンの便利さは料理経験が長い人ほど分かると思います

レミパンとは

主婦なら知っている人も多いはずの子の有名調理器具「レミパン」

そう

あの料理愛好家・平野レミが監修するフライパンシリーズ!

ミシェル曰く…

「平野レミ」は嫌いでも、レミパンは好き!

という人もいるとかいないとか(笑)

「〇〇さんは嫌いだが、〇〇さんの△△は好き!」

この考え方って女の人に多い気がしますし、なんとなく分かる気がする。

そもそも道具に罪はありません(笑)

さて、そんなレミパンですが我が家が購入したレミパンは

正確にはレミパンのアップグレードバージョンである「レミパンプラスというやつ

その概要は以下です!

  • 直径24cm。軽量
  • 調理中、専用ツールがフライパンのハンドルに一時置きできる他、ガラス蓋の取手にもツールが置けるため、フタをして調理するときにもツールの置き場に困らない
  • フライパンひとつで多彩な料理ができる(煮る、炒める、炊く、蒸す、焼く、揚げるなど)
  • フッ素コーティングを6層に渡りコーティングしているため、耐久性に優れているので、長く使い続けられる。
  • 熱伝導率の高い、アルミ鋳造製なので、手早く調理ができる
  • IHクッキングヒーターなど、様々な電磁調理器に対応。
  • 水滴をこぼさない、自立するフタ。
  • フタには蒸気穴が装備され、吹きこぼれを防止

実物を見ると「鋳物」のような重厚感ですが、手に持ってみると軽い!

力のない人でも十分にフライパンを触れる重さです(^ω^)

わたしが「レミパン」を凄いっ!と感じた理由

「フライパン」と「鍋」を兼ねる

一般的な話ですが、レミパンとはどういうものか?を伝える時この表現が使われますし、ミシェルもわたしにレミパンを説明した時にこう伝えてきました

フライパンが痛んできたから今度「レミパン」買っていい?”

ミシェル

中途パパ

もちろんいいけど、何それ?
主婦に人気の道具で、フライパンにも鍋にもなるのよ♪あの平野レミ監修なのよ~!

ミシェル

この時は「経済的な観点から言えば、フライパンと鍋の2つを買ったことになるということなんだな~」にくらいにしか思っていませんでしたね

…後で、使ってみてこの凄さを思い知る訳ですが(笑)

ちなみに、わたしが購入したレミパンは約2万円ほど…

「フライパン」と「鍋」を兼ねるとあらば、2で割って1万円の道具を2つ買った!という考え方もできますね!

「フチ」の部分がすごく便利

そして「使ってみて」、レミパンの有能さを痛感したのがこれ!

まず、下の写真を見て下さい

これはレミパンでチャーハンを作っているときの写真ですが、伝えたいのはレミパンの内側の端っこ「フチ」の部分でチャーハンを「①押しつぶしたり」「②ひっくり返すことができる」という事!

あまり料理をしたことが無い人は「ふ~ん(‘Д’)」という程度でしょうが、実際にわたしのような毎日料理をする人間からするとこの価値の凄さが分かってもらえるはず

とっても大事な所なので詳しく解説しますね(^ω^)

①押しつぶせる

まず、チャーハンって冷凍したご飯とか残り物のご飯とか「固くなったご飯」を押しつぶして柔らかくする工程が必ず入ります(少なくとも我が家では…)

その際通常はフラパインの底面でやる訳ですが、あっちに逃げたりこっちに逃げたりしてやりにくい…

でもこのレミパンなら端っこに確実に米を追いやって「潰す」事が出来ます(^ω^)

これを体感したときは気分爽快でしたね~♪「便利」という表現より「気分爽快」と言った方がその時の気分に近いかな!

そのくらい硬いご飯を押しつぶすときに米が逃げるのは「当たり前」になってしまっていたんですよね(笑)

こいつをバシッと捕まえてグリグリやれるのは気分爽快!

②ひっくり返せる

次にこちらを見てください。ハンバーグを作っているときの写真です

ハンバーグを片面焼いて、ひっくり返時って…油が「ビシャッ」ってなってハネませんか?

ハンバーグに限らず、焼くときにひっくり返すシリーズの物ってこういうふうになる傾向がありますが

このレミパンだと端っこのフチを使って「くるりっ」とひっくり返せます

…これも「爽快」!の一言(^ω^)

もっと実質的なことを言えば「ビシャッ」ってならないので周りが汚れません!

③フタを閉めて「蒸せる」

この機能も実際にすごく有能!

別に他のフライパンや鍋にもあるじゃん!って思うかもしれませんが

「大きさ」がちょうどいいんです…

「ちょっと使い」の時にサッとフタをしたり、外したりして「焼く」時の調整ができるんですね!

写真のハンバーグが良い例です(^ω^)

ハンバーグって中まで火が通っているかが心配な料理!でもレミパンならフタをして5分ほどしっかり待てば火はしっかり入ります!

その他の有能さ

他にも、ちょっと嬉しい部分を最後に補足

フタが直立するのでスペースをとらない

フタがね~「立つ」んですよ(^ω^)

それだけ?って思わるかもしれませんが、これも使ってみるとすごく便利さが分かる所だと思います。

フタって、料理をするときに置くところに困りますよね~

変なところに置くと油が付いたり、水がこぼれたりしてキッチンが汚れるから嫌だし(;´・ω・)

狭いスペースでも直立置きでサッと立てておけるのでこれまた「気分爽快!」

大きさがちょうどいい

レミパンを購入する時に、わたしが一番心配だったのがこちら

ちょっと小さいのでは…?(;´・ω・)

我が家だと家族4人分を料理するので、大きさがちょっと物足りない気がしました

小ぶりでかわいらしいのが主婦が気に入っているのだな~と、そこはちょっと否定的に思っていた。

しかし!

そこは考え抜かれているのだなぁと、使ってみてまたまた思いました!

ちょうどいい…

「チャーハン」も「ハンバーグ」も4人分でちょうどいい♪

まとめ

最後にわたしがレミパンを愛してしまった理由をまとめて終わります(^ω^)

いろいろ書いたけど…

「腹」の部分がすごく便利、という点(*´▽`*)

  ①押しつぶせる
  ②ひっくり返せる
  ③フタを閉めて「蒸せる」

もうこれらが生み出す「爽快感」は、他の調理器具で感じたことが無いものでした(^ω^)

ぜひ体感してもらいたいですね!でも、普通に売っているフライパンよりも値段は張るので「節約」とは言い切れませんが…

わたし的には「爽快感」が気分アップと時短につながっていると感じるので十分に「家計を助けてくれている」と認定させていただきました(^ω^)

 

この記事を書いている時点での最安値は20,800円(送料・税込)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村の「オヤジブログ」ランキングに参加中です。

いつも応援クリックありがとうございます(^ω^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA