収入の種類が分かる本「金持ち父さん貧乏父さん」

今日は、

「家計向上」カテゴリの、「お金を生み出す本」の記事!

このカテゴリは読んで字の通り、その本を読むことで

節約、副業、投資など、何らかしらの方法で

お金を生み出して、家計を向上させられるのに役立つ本の紹介!

今日は

先日紹介した「ユダヤ人大富豪の教え」と並んで超有名な…

金持ち父さん貧乏父さん

それでは詳しく話していきますね!

あらすじ

主人公は著者であるロバート・キヨサキ氏

1994年に47歳でビジネス界から引退し、1997年に『金持ち父さん 貧乏父さん』を執筆します。全世界で51ヵ国語に翻訳され、109カ国で紹介されるほどの人気

このキヨサキ氏がモデルの主人公が

友人マイクの父(金持ち父さん:ビジネスオーナー)

に教えをもらいながら

自分の父(貧乏父さん:サラリーマン)

に教わっている事と、比較しながら

金持ち父さんの教えを理解していくという流れです

ポイント

「ビジネスオーナー」という考え方

本書では以下のように仕事を分けています

経営者 ビジネスオーナー
サラリーマン 投資家

この表の上側ほど「お金もち」

この表の右側ほど「時間がある」 状態

例えば

主人公の父はサラリーマンだから「時間もお金もない」

そして

マイクの父はビジネスオーナーだから「時間もお金もある」

ということ

え?「経営者」が一番えらいんじゃないの?

と思われたそこのあなた!

ぜひ、この本を読むと良いですよ~!

なぜなら、あなたのこれから目指す世界が

「お金も時間も欲しい」と言うのであれば

それは経営者でなく、ビジネスオーナーであることがあるかもしれないからです!

「ゴール設定」は、早めに修正しておいた方が良いですからね!(^ω^)

さて、では

なんで経営者でなく、ビジネスーナーから

教えをもらっているかを解説しちゃいますね!

「経営者」、つまり社長ですが、表の上側にいるので確かにお金は多いですね

しかし!

表の左側なので、時間は無いんです

そう、自らのが会社を指揮監督し「経営」している訳だから仕方がない

そこのところ「ビジネスオーナー」は会社経営で言うなら会長

「所有」しているだけで、経営は社長に任せている訳です

だから、基本やる事はありませんね!

極論、何もしなくてもお金が入ってくる

そんな状態がビジネスオーナー、という訳です(^ω^)

そんなビジネスオーナーの収入は「権利収入」とか「不労所得」などと呼ばれ

世に羨ましがられている事でも有名です

家計向上に役立つ点

お金の「ルール」が学べる

家計を良くしていく事に当たっては

主に「収入を上げる」と言う観点で役に立つと感じます

仕事の成り立ち、ビジネスとは何か?…

学校では教えてくれない「お金の勉強」ができる訳です

中途パパ

学校だと「先生」という”サラリーマン”しかいないから、どうしても仕方がないんです

先ほどのポイントの箇所でも書きましたが

収入を得るだけでも4つの分類があり

入ってくる収入の性質も違うし、当然生き方も変わってくるという

とても大事なことをしっかり教えてくれます(^ω^)

副業の考え方が深まる

そんな「より収入を得る」ということが理解できるので

これからの仕事人としての人生を見つめなおす良い機会になると思います(^ω^)

特にわたしのようなサラリーマンは、

自分が「時間を売って、対価を得ている」事を自覚すると同時に

自分もビジネスオーナーになれるような努力をしようという気にさせてくれます

特に、サラリーマンの場合は

時間の切り売り「給与所得」以外の収入形態も作りたいところ!

つまり、本業以外の仕事をするなら

自分自身が仕事を生み出せるようなスキルを学べて

ビジネスオーナーになれる方法を探すべきだと感じます(^ω^)

まとめ

ということで!

今日は「金持ち父さん貧乏父さん」

について解説させていただきました(^ω^)

この考え方は、自分自身の仕事人としてのキャリアを考える上では

非常に大事だと考えますし

安定的な家計を作る上では「給与所得」だけでなく

自分の時間を切り売りしなくても良い

より安定的に入る収入が欲しいところ!

そういう考え方を持っている人にはぜひ読んでもらいたい良本です(^ω^)

 

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

中途パパ

↓「いいね!」と思ったら応援いただけると励みになります!

いつもありがとうございます


「節約・貯蓄」ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
「オヤジブログ40代」ランキング

中途パパ

このブログの真骨頂!

↓「5年で0円⇒1,000万円を貯めた」具体的な考え方や手法を知りたい方はどうぞ

▶家計向上「具体的手法」の流れ(本ブログサイトマップ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA