親子三世代でテニス&観戦( ^ω^ )

今日は

日曜日に、はじめて家族みんなで

ルーとアンのテニス観戦に行ったお話…

本当は早く

わたしの両親とルーとアンを近づけるために

この場面を作りたかったのですが

コロナでしたからね…

やっと念願かないました!

ルーもアンも「カッコいいとこ」見せようと

ちょっと緊張の面持ちです( ^ω^ )

両親の実家の近くでやってたから

今回、なぜ念願かなってのみんなで観戦になったかというと

今回の試合会場がわたしの両親の家に近かったから!

という単純な理由(笑)

でも、実際大事ですよね!

なかなか「1時間かけて来て!」

とは言えない

好きなら別ですが…

しかし…

わたしの実家な訳で

ずっと住んでいた場所なのに

こんなに立派なテニスコートがあることに気づかなかった(笑)

ひとつ新しいことに挑戦すると

今いる場所さえ見方が変わる

とはよく言ったものですね(^ω^)

テニスという競技

ルーは小学5年生のころからずっと

この「テニス」というスポーツにはまっています

まだ結婚する前、彼の正式な親になる前から

妻ミシェルは、わたしに彼の作文などを見せてきてまして

その作文の中でも、彼はこう書いていました

将来は世界で活躍する「テニスプレーヤー」になって

人々に感動を与えたい!

…と、書いていたいのを

わたしは彼がテニスに打ち込む姿を見ていて

振り返らずにはいられないのです

だって

「テニスプレーヤーになりたい」

で終わるなら普通ですが

「人々の感動を与えたい」

という言葉が小学5年生から出てくるというのが

わたしの中で驚きだったのですね!(^ω^)

だから、それ依頼

ルーが気づいているから、いないかは分かりませんが

わたしの彼のテニスに対しての評価・反応は

わたしが感動したかどうか

なんですね!

感動を与えるプレー

感動を与えるプレーってどんなものか?

それは「ただ上手い!」という訳でもなさそうで

自分と向き合って、ひたむきに

負ける恐怖に打ち勝ち、相手を称え、真摯にテニスに打ち込む

という、言葉にするときれいすぎて嘘くさいような…

でも

そんな時に、わたしは感動します(^ω^)

まぁ、本当は…

ルーが雨の日も風の日もテニスの練習をしている姿を見ているので

彼がコートに立つだけで、感動しているのですけどね(笑)

初の優勝

そんなルーですが

今日は小さい大会ではあったのですが

初優勝!

今までは2,3回戦目敗退というのが彼のパターン

なぜ?

  • 数回勝つと満足してしまうから?
  • 体力がないから?
  • 気持ちが弱いから?

ルーなりにそのパターンを超えるために

いろいろと模索の日々を過ごしているのを傍らで見てきました(;´・ω・)

そんなルーでしたが

今日初めて優勝という事で「パターン脱却」!

お祝いのケーキパーリー!

はじめての両親観戦で

初めての優勝ときたもんだから

終わったときには

ケーキでお祝い♪

ゴージャスに☆一人二つずつ!

モンブランとショートケーキです

 

試合の後半は、大雨!

その中で、合計5試合も戦った

ルーもアンもクタクタだから、きっとケーキはおいしかったでしょうね♪

それにしても…

おじいちゃん、おばあちゃんというのは

ホントに甘くて

まるでケーキのよう(笑)

ちょっと、頑張ってるのを見ているだけで

早々とケーキを買う事を決めたようです

まだ、優勝が決まっていなかったとき

そう

アンが格上相手にコテンパンにやられて

落ち込んでいた時から

ケーキでお祝い♪

ということは決まっていたようです(^ω^)

それにしても

親になってみて

自分の両親の考え方を聞いていると

わたしもいっちょ前に

これは違うではないか、あれはそうではないかと

思ってしまうもんですね!

1つ今回思ったのは

この両親の元では、甘すぎて(笑)

わたしが一流に育つわけがなかったです(^ω^)

でも、本当に居心地がよかった家庭でしたね

なんにしても

忙しい時間を割いて、テニス観戦に来てくれた

両親には感謝です☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村の「オヤジブログ」ランキングに参加中です。

いつも応援クリックありがとうございます(^ω^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA