最大限の感謝!わたしの母の事…the reason why I’m happy !

こんにちわ!

今日は「わたしの母について」

話してみたいと思います(^ω^)

中途パパ

今日はわたしの雑記なのであまり家計向上の役には立たないかもです

母はわたしがこの世で一番感謝している存在

お腹を痛めて生んでくれたこと

バカなわたしを何度も怒り

諦めないで育ててくれたこと…

それはとても感謝しきれるものは無いと感じています(^ω^)

それでは!

それでは思いを込めて

書いていきたいと思います(^ω^)

わたしの母の人物像

生い立ち

昭和20年ころ、静岡の片田舎に生まれ

3人姉妹の長女として育ちます

親は秋田から集団就職で静岡に住むことになった父と

もともと静岡に住んでいた母…

本来、新天地にて

「跡取りとなる男の子」が欲しかったおじいちゃんは

母が生まれた時、女子だったことに、ちょっとがっかりしたらしく

母を男の子のように育てていた時期があったようですね

厳しいおじいちゃんだったので、母はなかなか大変だったみたいです

中途パパ

子供の性別はなかなかうまくいかないものだけど、昔は「跡取り」という概念が強かったちょっとキツかったようです

正義感が強い

そんな激しいおじいちゃんの下

母は元気に勝気に育っていきます

勧善懲悪ものが好きな母

わたしが小学校から帰ると

洗濯物をたたみながら、水戸黄門などの再放送を見ている光景が

今も鮮明に浮かびます(^ω^)

同級生同士で結婚した父から言わせると

母は、昔から曲がったことが大嫌いで

近所の子どもたちの中でも悪い事をする子を戒めていたようです(笑)

運命とは面白いもので、その「近所」で仕事に就くことになったわたしは

当時の母の同級生から

「お前の母ちゃんは昔、怖かったぞ!」と教えられましたね!(笑)

中途パパ

ホントに本当だったんだ!

と、思ったものです(^ω^)

芸術的

美術部だった母は、絵がうまいです

父の職場で油絵コンテストが開かれた時

母の作品が銀賞をとっていたのを、いまだに覚えています

子どもの私でしたがたしかに「うまい!」と思いましたね(^ω^)

…何とも味わい深い感じ、色づかいが絶妙なんです!

ずっと、やればいいじゃん!

と思ったし、父もそんなことを言っていましたが

母は「画材代が高いから…」と言って、絵はやりませんでしたね!

そんな母は、わたしが生まれてからは専業主婦でしたが

その前は美容師として働いていました

その時間は、母にとって誇らしいものらしく

そこで学んだものや楽しい思い出は

母が昔話をするときに何度も聞かされました

結婚した当時は、父よりも給料が良かったそうですね(^ω^)

なんでも、没頭する人ですね!完璧主義というか(笑)

だから、きっと「いい仕事」してたんじゃないでしょうかね!

母に感謝する事

時間を「命」をありがとう!

自分よりも、子どものために

わたしはこの「親なら当然」とも言えるべきなのでしょうが

母として、たくさんの時間をわたしに費やしてくれたことに

自分が大人になってみて

とても感謝するようになれました

未熟なわたしに

反抗的なわたしに

時には母をバカにしたわたしに

母はいつだって、ご飯を作り、着るものを用意してくれて

そして、たくさんの愛を持って育ててくれました

ちょっと、足りないところの多いわたしですが

社会で普通に仕事ができるまでにしてくれて、本当に感謝しています(^ω^)

生きる姿勢をありがとう

「一所懸命にやる」

それを強制されたことはありませんが

母の生きる姿勢は、いつだってそんな感じ

むかし、わたしが大事なものを無くした時

早々とわたしが諦めたかけたときに

母は、怒りもしないで、普通に

ゴミ袋を開けて、一個一個探し始めました

そんな母を見て

別に怒られたわけでないのだけれど

自分のふがいなさを、恥ずかしいと思ったことをよく覚えています

「簡単にあきらめちゃいけない」

そんな事を、母に言われたのでなく、母の姿勢に感じ取ったのです

そんなたった一回のできごとが

いつまでも私の記憶に鮮明に焼き付いています

母はえらそうに「こうしなさい!」とか、絶対言わないんですよね~

だから、母の考えている「良い事」は

自分でつかみ取りに行かないと得られないんです(笑)

でも、そうやって「経験を通して」つかみ取ったものって

いつまでも生きているいるんですよね!

「諦めちゃいけない」って、どの本や映画でもよく言われることですが

わたしのその原動力って、この母とのエピソードなんですよね!

「見守る」事をしてくれて

父もそうですが

わたしは母に「勉強しないさい!」と言われたことがありません

おかげでわたしは

勉強がそんなに嫌いじゃないし、むしろ楽しいと思います(^ω^)

人って「〇〇しなさい!」って言われれば、言われるほど

それが嫌になっていく生き物

これを知ってか知らないでか、わたしの両親は何にも強要することはなかった

これがわたしにとって、良かった事ですね!

楽しい人生なんですよね

「自分で決めてきたから」(^ω^)

人はお金がいっぱいあるから、地位や名誉があるから

友達がたくさんいるから、幸せになれるわけでなく

「自分で決めた人生を歩める時」

一番幸せなんだと、わたしは思っています(^ω^)

だから、わたしは両親のもとに生まれて

最高に幸せな人生をあゆませてもらっている

と、感謝しています(^ω^)

まとめ

さて、そんな最高の母に育てられて

わたしは本当に幸せなわけですが

この文書をかいていると、その実感がまた湧いてきて幸せ…

今日は実は、一日大変なことが続いて悲しい気分でしたが

こんなに、幸せな環境に命をもらっていて

ぶつくさ言っていちゃいけませんね

感謝!感謝!で、良い気分になれたから

もう寝よう(^ω^)

中途パパ

母さん、ありがとう!

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

中途パパ

↓「いいね!」と思ったら応援いただけると励みになります!

いつもありがとうございます


「節約・貯蓄」ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
「オヤジブログ40代」ランキング

中途パパ

このブログの真骨頂!

↓初心者向け「家計を1から良くする手順」を書いた記事です

▶家計向上「具体的手法」の流れ(本ブログサイトマップ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA