株初心者向け記事「株…重要用語」!「PER」と「PBR」??(;´・ω・)

今日は、株を運用する上で

どうしても知っておかなくてはいけない重要な言葉

「PER」「PBR」について解説

これらは

株の割高・割安状況を見る指標です

株式用語の、基本の「き」

株初心者の方は…

一緒にここで覚えてしまいましょうー!

PERとは…

PER=株価÷1株当たり純利益(EPS)

日本語では「株価収益率」

株価が1株当たり純利益(EPS:Earnings Per Share)の

何倍まで買われているか…

すなわち1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているかを見る数値

現在の株価が企業の利益水準に対して

割高か割安かを判断する目安として利用されます

PERの数値は、低いほうが株価は割安

1株当たり純利益は当期の予想数値を用いるのが一般的です。

一般的に、PERは15倍以下で割安と言われています

PBRとは…

PBR(倍) = 株価 ÷ BPS(1株あたり純資産)

日本語では「株価純資産倍率」

会社の純資産と株価の関係を表していて

PERと同様に株価の割安性を測ることができます。

これを使うと、企業の持っている株主資本(純資産)から見た株価の割安度がわかります

 

一般的に、PBRは1倍以下であれば割安と言われています

実際の使いどころ

使う場面:株を買うとき

株を買うときって、どんな場面でしょう?

  • その株の成長が見込めそうな時
  • 値下がりして、買い時になりそうな時
  • とにかく買いたいとき(笑)

どれも、正解だと思いますが

その「買うとき」に、少し冷静になって

「PER」「PBR」をしっかりと確認しましょう

使うポイント

一般的には先ほど書いた通り

「PER」は15倍以下

「PBR」は1倍以下

と言われていますので確認!

更に詳しく言うと

それぞれ、業界ごとに数値もかなり変わるので

この点もしっかりと確認しましょう(^ω^)

まとめ

PER:1株当たり純利益の何倍の値段が付けられているか

⇒「稼ぐ力に対し、どのくらい評価されているか?」

PBR:企業の持っている株主資本(純資産)から見た株価の割安度

⇒「財産に対し、どのくらい評価されているか?」

こう、詳しく書いていくと…

そりゃ、買い物する時見るのも当たり前な数値だと

やはり、感心してしまいますね!(^ω^)

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村の「オヤジブログ」ランキングに参加中です。

いつも応援クリックありがとうございます(^ω^)♪

↓わたしの「堅実株運用」の考え方をまとめた記事(^ω^)

わたしの堅実「株」運用 | ルーとアンと時々ミシェルの「家計応援団」 (tyutopapa.com)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA