わたしの堅実「株」運用

今日はわたしの国内株式投資について書いていきたいと思います!(^ω^)

「株って難しい…」そんなイメージってありませんか?

それは分かるし、わたしは過去に結構大きな失敗も経験しています(笑)でも、銀行にお金を預けていてもちっとも増えないこの時代…

いろんな意味で「株」というものに個人がしっかりと向き合う必要があると感じます!

だから、まず知ってみる!そして、ちょっと試しにやってみて勉強する!というような流れで株を始められるような記事を書いてみたいと思います♪(^ω^)


「株(かぶ)」とは、わたしなりの解釈

まず、株(かぶ)というものがどんなものを再確認しながら、わたしなりに思う事を少し書いていきたいと思います(^ω^)

「株(かぶ)」

まず、株を持つという事は実質会社のオーナーの1人になることを意味します

「そんな大げさな…(‘Д’)」と思われるかもしれませんが、実際上記の通りで、例えばあなたが株をその会社が発行する51%保有していればその会社の決定権はあなたのものです(^ω^)

でも、株を知る前のわたしのイメージは売り買いして差額で儲けるものとしてのイメージしかなかった( ;∀;)

全く外れてはいないですが、これは株の側面でしかありません

やはり「会社のオーナーの一人になること」というイメージの方が正しいし、これを分かっていると正しい運用が分かると感じます。

さて、わたしの失敗談を例に株の運用の考え方について書いていきます!

■失敗の話

失敗の結論は株の本質をつかめておらず、相場に翻弄されるだけでマイナスで退場してしまったからです( ;∀;)

リーマンショック前にわたしは約100万円を国内株で運用していました

運用方法は、完全に昔の私イメージ通りで「売り買いして差額で儲ける」ためにがばっていました!

実際に、大学生のころ10万円ほど運用してそこそこ利益を出せていたのですね

これを就職して、給与が入るようになっていってから少しずつ運用金額を増やしていました(^ω^)

そこでリーマンショック!4銘柄ほど持っていましたが合計で、一気に3分の2くらいまで落ちてしまった!

そこで退場…、もう二度と株はやるまいと決めていました。

■なぜまた株式に舞い戻ったのか?

ってところが気になってくれました?これも結論から書きますね!

「会社のオーナーの1人になること」という本質が分かり

「売り買い」でなく保有することで「配当金」を得ることを第一目的としたから

わたしは見誤っていたんですよね…、売り買いも大事かもですがこれはかなり難しい世界、非常に勉強が必要です

 

結論:長期保有で「配当金」をもらうのが良いと思う

一方、株は「配当金」といって企業の利益の一部をお金として株主に対し年2回払ってくれます(^ω^)

特に「高配当株」と言って、およそ年利5%以上のものを保有することでお金をもらい続けるという手法があることをあるとき知りました

現在、これを実践中です!!(以降、「高配当株運用」)

「高配当株運用」の理屈は簡単です(^ω^)

例えば、100万円を株で持っていれば1年で5万円がもらえるんですよ♪

これを12ヶ月で割ると…

50,000円÷12ヶ月=4,166円/月≒4,200円

月、4,200円くらいあったらお小遣いの足し程度にはなるかなくらいですが

仮に、1,000万円あったらどうですか?5%の利回りだとすると50万円!

500,000円÷12ヶ月=41666円/月≒42,000円

こうなると、4人家族でも光熱費くらいは払えてしまいます(^ω^)

…もうお分かりですよね、なるべく早く1,000万円くらい株で資産を持てるようになるとほっといてもお金が入り生活が楽になるわけです。

対策:相場の乱高下は「分散投資」で乗り切る

でも、やはり怖いのが相場の乱高下!

これは、株を1社だけ保有するのでなく、何社かに複数分散して持つことでで乗り越えられます(^ω^)

例えば今、コロナ禍でみんな外で活発な活動ができないので外食企業(特に居酒屋関係)の株は今下がっていますよね、でも一方で任天堂などの屋内での需要が高いものは上がっています。

故に、いろんな業界の特性を考え、株を少しずつ分散して持つのが良いわけなんです(^ω^)

ちなみに、わたしは現在34の企業に分散投資ししています

ただし、選ぶ企業は慎重に!「PER」(株価収益率)」や「PBR(株価純資産倍率)」など、株を見るときの代表的な指標があったりするので、この勉強をしながら「株を見る目を養う」事が必要です。

実際、わたしも少額ずつ取引しながら、勉強していってます(^ω^)


実践:慣れるコツは小額から少しずつ始める!

いくつも本を読みましたし、わたしなりの選ぶコツもあるので詳細は後日書きたいと思いますが、一番早く上達するコツは実践することだと思います(^ω^)

でも、通常、株を持つときには最低ロットが100株といったようにかなりのお金が必要です

例えば、電話で有名な「KDDI」の株だと3,204円です、最低購入数が100株なので「320,400円」が必要!( ;∀;)

「最低32万円くらいの代物をを分散させろといったら、2つ分散で64万円かかっちゃうじゃん!(‘Д’)」って、話になりますが安心してください!

最近は1株単位から買うことができる証券口座がいくつかあります(^ω^)

ちなみに、わたしが使っているのは「ネオモバイル証券」です

 

ネオモバイル」証券を使う理由

①1株から株を買える(Tポイントでも買える)

②いくら細かく買っても「買うとき」には手数料がかからない

③口座管理料が220円と安い!(そして200円分のTポイントがもらえるので、実質ほぼ無料)

解説!(^ω^)

1株から株を買える(Tポイントでも買える)

ネオモバイル証券では1株から株を買う事が出来ます。これはつまり、分散投資が少ない資金できるということ!さらに、「Tポイントで株が買える」という特性もあります

ちなみに、わたしはポイ活で得たポイントをTポイントに交換して積極的に株を買っています!

(^ω^)せっかくポイント貯めてもコンビニでスイーツか買わずに株式投資ですよ!

 

いくら細かく買っても買うときには手数料がかからない

ネオモバイル証券の驚くべきところがこの点

「何回買っても、買うときに手数料がかからない」のです!

普通は株を購入する時に手数料が発生します。

そしてこの手数料がいくらくらいかかるかと言うと

業界でも取引手数料が安いといわれている楽天証券でも50円/回はかかります(;´・ω・)

( ;∀;)積み重なるとでかい…

そして、詳細は後日書きますが

株は一気に買ってしまうと業界を分散していたとしても

やはり相場の暴落に気をつけなければなりません

時間軸」でも分散させることが長期投資においては非常に大事です!

③手数料は(口座管理料)が220円のみと安い!(そして200円分のTポイントがもらえるので…実質無料!)

ほんとに手数料はこれだけなんですね

(^ω^)ただし、50万円/月超えると変わってきますので気になる方はネオモバのHPでご確認ください

しかも、ネオモバイル証券口座をもっているだけで毎月200ポイントのTポイントがもらえるので、相殺の形で無料みたいなもんですよね!(^ω^)

↓「ネオモバイル証券」に興味ある方はネオモバのHPへ

SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

一言で言うと、少ないコストで小回りが利いて使いやすいんですよね♪

さて、今日もお疲れさまでした!まとめです(^ω^)

本日のまとめ

①「株」を取り入れて年利5%を意識して家計を守ろう!

②少額ずつ、分散投資で「安定」を意識しよう

③株を始めると世の中の動きに敏感になる!この点お金以上の価値がある!

まだ株をやったことが無い人はまず1,000円でもいいから始めてみると

世の中の経済を見る「景色」が変わりますよ(^ω^)

わたしの状況もこのブログで報告していくので一緒に勉強していきましょー!

 

SBIネオモバイル証券 口座開設プロモーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA