被災時はラジオで状況把握!ところで「周波数」知ってます?_

こんにちわ(^ω^)

今日は、最近よく記事を書くようになってきた「生活防衛」カテゴリ

「いざ!」というときの備え的な情報を集めたカテゴリですが

今まで「110番」の仕方など緊急時の連絡方法などを掲載してきました(^ω^)

今回は緊急時のラジオの周波数、いわゆる「チャンネル」です

みなさん!

大きな地震などがあって、テレビも映らないし、携帯も使えない

そんな時にラジオをサッと取り出し、チャンネルを緊急速報に合わせて状況を把握する!

…という準備、出来ています?

その緊急時に聞くラジオのチャンネル「周波数」がいくつなのか知っていますか?

わたしは今まで「曖昧」でした(笑)

だから、わたしのような、用心が足りないちょっとヤバい人向けに!(真剣!)

その方法をまとめてみたいと思います(^ω^)

まずは「NHK」を確認

まず基本の「NHK」から、基本情報はここを聞いておけば大丈夫!

わたしが住んでいる「静岡県の浜松市」の場合は…

AM第1「576kHz」

AM第2「1,521kHz」

FM「82.1MHz」

それぞれ住んでいる所で違うので注意が必要ですね!(^ω^)

↓全国の周波数はこちら

参考 「NHK」ラジオ周波数「NHK」ラジオ周波数

ところで、災害時に聞くラジオの周波数を知る前にAMとFMの違いを知っておく必要があります(^ω^)

以下にまとめます。結論、都市部での災害時にはFMの方が優れています

AM放送

  •  建物内:聞こえにくい
  •  屋外(山がち)→ 聞こえる
  •  送信アンテナの設置場所 :川辺など広い敷地

FM放送

  • 建物内:聞こえやすい
  • 屋外(山がち): 聞こえにくい
  • 送信アンテナの設置場所:山頂や鉄塔

ワイドFM

次に、よりクリアに聞きやすいFMラジオの方で、AMの周波数番組を聞く方法「ワイドFM」というものを紹介します(^ω^)

別名、FM 補完放送とも呼ばれる。

AM 放送局の放送エリアにおいて、難聴対策や災害対策のために、新たにFM 放送用として使用可能とした周波数(90.0~94.9MHz)を加えた

FM 放送用の周波数(76.1~94.9MHz)によりAM 放送の放送番組を放送するものです。

ここで一点、注意点ですが

ワイドFMを聞くには、周波数(90.0MHz~94.9MHz)に対応したラジオが必要です(^ω^)

 

次に、「ローカルな情報が得られる方法を紹介です!

臨時災害放送局

大規模災害発生時に、地方公共団体が臨時に開局

災害関連情報をFM放送の電波で発信する無線局で

臨時災害FM局」とも呼ばれる

東日本大震災や熊本地震の際には、多くの放送局が開設され、災害時に有用な情報発信手段

として注目されています。

こちらの周波数では、よりローカルなその地域の「支援物資の確保場所(重要)」などの情報が発信されたりします(^ω^)

状況を把握したあとに、具体的な行動

  • 水や食料などの「支援物資」はどこに行けば手に入るのか?
  • いま、自分が住んでいるエリアがどんな状況なのか?
  • だから、どんな行動をとるべきか?
  • 何をしたらよいのか?

こういったことを、判断する上ではとても役に立ちそうですね!

参考 日本コミュニティ放送協会日本コミュニティ放送協会

まとめ

以上が一般的に、必要な情報をゲットできる方法でした(^ω^)

普段は、ラジオなんてあまり効かない人も多いのではないでしょうか?

私自身もあまり聞かないですし、

ラジオを聞いていたとしても、何気なく聞いていてそれが「災害時にどのように使えるか」

なんてことはあまり意識しないですよね(;´・ω・)

でも、冷静に考えていくと携帯電話は…

  • 電波が入りにくい状況になったり(混雑など)
  • すぐにバッテリーが切れてしまうし

意外と使えない状況が予想されます

…というか「家族との連絡用」に温存して

災害の概要状況を知る手段は、別に用意しておきたいもの!

そんな条件なら、やはりラジオに勝るものは無しっ!

災害時、パニックに陥らないでまず、ラジオで情報をとっていきましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村の「オヤジブログ」ランキングに参加中です。

いつも応援クリックありがとうございます(^ω^)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA