110番!緊急になる前に備えておきましょ!

こんばんわ!中途パパです(^ω^)

今日は、「生活防衛」のカテゴリにかねてより用意しておきたかった

「緊急連絡先一覧」について書いていきたいと思います!

目的は一つ!緊急時の対応の準備です!

事故に合ったら?家族に食中毒があったら?冷蔵庫が壊れたら?どうしよう…(;´・ω・)

焦りますよね!

でも「いざというときっ」て、前もって準備するの難しいですよね

だから、予めこのカテゴリにまとめて準備しておきたいと思った訳です(^ω^)

さてと…

今日は初回!何か事件とかの心配があったときの100当番について

ではでは、いきましょう!

参考にした資料は、各自治体・警察のHPです(^ω^)

みんなそれぞれに100当番のやり方を分かりやすくまとめてくれていました!流石!

こんなときはすぐに110番

まず!そもそもが100当番って、どんな時にするのだろうか?(+o+)

っていう疑問がわきましたので、場面場面で考えてみたいと思います

刑事関係

  • 銀行で多額の現金を下ろそうとしている人がいるとき(電話de詐欺等)
  • 強盗、空き巣、ひったくりなどの被害にあったとき

交通関係

  • 交通事故を起こした、目撃したとき
  • ひき逃げにあった、目撃したとき

犯罪情報

  • ケンカをしている人を目撃したり、人の悲鳴を聞いたとき
  • 不審な人や車を目撃したり、声をかけられたとき
  • 不審な人につきまとわれたとき
  • 倒れている人や迷子などを見たとき
  • 警察を呼んでと助けを求められたとき
  • 土砂崩れで道路がふさがっているのを目撃したとき(災害情報)
  • 危険ドラッグらしき物を持っていたり、吸っている人を見たとき

などの他に、緊急な事件事故があったときなど…

日常を過ごしていて、まぁあるかもな!と思ったの所にはピンクマーカーしておきました(^ω^)

「100当番」した後って、どんな会話になるの?

まず、誰が出るの?っていう疑問もありましたが

冷静に考えてみると、もちろん電話相手口に出るのは「警察官」の人たち

以下のようなことを確認されるようです。

ここで注意点として、彼らは我々の話を聞きながら、同時に警察官やパトカーなどに無線で手配を行なっているそうなので…

落ち着いて、以下のようにやり取りしましょう(^ω^)

  1. 事件ですか、事故ですか。何がありましたか?
    泥棒に入られました。
    交通事故です。

    など
  2. それはいつですか?
    今です。
    まる分くらい前です
    。など
  3. 場所はどこですか?
    まるまる町のまるまる銀行の前です。
    まるまる交差点です。

    など場所がわからない時は…

    • 目標となる銀行やコンビニの店名
    • 電柱、信号機の管理番号及び自動販売機(清涼飲料水)の住所表示
  4. どのような(事件・事故など)状況ですか?
    帰宅途中、バックをひったくられました。
    事件・事故の状況など
  5. 犯人は?
    誰なのか、人数、人相、服装、逃げた方向など
  6. あなたのお名前は?
    事件・事故との関係、住所、氏名など

100当番する時って、緊急の時「非日常」だから焦りますが!

ここで一緒に学んで心の準備だけでもしておきましょう!冷静に見れば「普通の会話」な訳ですからね♪(^ω^)

どうやって「100当番」するの?

これも意外に知らな人は多いのではないでしょうか?

って偉そうに書いているわたしも知らなかった(;´・ω・)

だってね、やったことないですもんね…仕方がない!

県警のHPに↓分かりやすくまとめてくれたものがありましたので掲載します(^ω^)

家庭や職場の加入電話から そのまま数字の110を順に押すか、回してください。
携帯電話から そのまま数字の110を順に押してください。
(市街番号は必要ありません。)
赤ボタン付公衆電話から
(緊急通報ボタン)
受話器を取って、前面にある「赤ボタン」を押してから、数字の110を順に押します。
(料金は不要です。)
赤ボタンのない公衆電話から 受話器を取って、そのまま数字の110を順に押します。
(料金は不要です。)
FAX110番
耳や言葉が不自由な方専用
FAXで110又は(087)831-0100
110番アプリ
耳や言葉が不自由な方専用
110番アプリは、聴覚や言語に障害がある方など、音声による110番通報が困難な方が、警察に通報するためのものです。音声による110番通報が可能な方は電話で110番をお願いします。

携帯電話等による「110番アプリ」のご案内

特に、耳や言葉が不自由な人のために「100当番アプリ」がありましたので、心強いなと思いました(^ω^)

その他、警察への相談

♯9110番「緊急でない相談」

今回100当番を調べてみて初めて知ったのですが…

100当番するまでに至らない、いわゆる「緊急でない相談」にも警察の方が相談してくれるそとのことで、その番号が以下です。

#9110番の利用方法

緊急の事件・事故以外の相談は、110番通報ではなく、#9110番!

こちらにお世話になる場面としては…

犯罪や事故の発生には至ってないけれど、ストーカーやDV・悪質商法など警察に相談したいことがあるときなど

「家族を守る」という目的では、100当番よりもこちらの方にお世話になる場面が想定されますね!

受付時間:平日 午前8:30~午後5:15(各都道府県警察本部で異なります。)

↓さらに詳細を知りたい方は、政府広報オンラインのHPへ

警察に対する相談は 警察相談専用電話 #9110へ | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン (gov-online.go.jp)

#8103(性犯罪被害相談電話)

性犯罪の被害に遭ってしまった方のための相談電話。各都道府県警察の専用窓口に繋がる。

受付時間:平日8時30分~17時15分。土日・祝日及び時間外は、24時間受付体制の一部の県警を除き、当直または音声案内で対応

まとめ

今回調べてみて、いろいろ分かりましたが「心の準備」ができましたね(^ω^)

あとは、皆さん知ってました「#9110番」の存在…

事故や事件が起こって緊急でなく、でも警察に相談したいときに頼れる場所

政府はそういうもの用意してくれていたんですね!

有効に使っていきましょー!!(^ω^)

↓緊急時には「防犯グッズ」の用意も大事!今では、こういう「武器にも脱出道具」にもなるキーホルダーなんてものもあるんですよ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ村の「オヤジブログ」ランキングに参加中です。

いつも応援クリックありがとうございます(^ω^)♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA